39565
 

新着情報

 RSS

医療通訳に関するセミナーのお知らせ(東京)

以下の通り、医療通訳に関するセミナーが東京で行われます。
近郊の方、ぜひ奮ってご参加ください!

ご注意!! 
本セミナーの参加申し込みは、医療通訳士協議会(JAMI)では行っておりません。お問い合わせ等は、直接セミナー主催団体へお願いいたします。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【開催テーマ】
院内における言葉の壁を取り除く方法

【開催日時】
平成29年4月18日(火) 15:00〜18:30
 ※受付開始:14:30〜

【場所】
大村進・美枝子記念 
聖路加国際大学臨床学術センター国際会議場 日野原ホール
 東京都中央区築地3丁目6-2 B2
(東京メトロ日比谷線 築地駅徒歩3分、有楽町線 新富町駅徒歩5分)

【参加費】
無料(要事前申込み)
・定員:200名(80名から増席いたしました)

【プログラム】
・ 15:00-15:10 開会のご挨拶  多摩大学 真野俊樹
・ 15:10-16:00 基調講演  厚生労働省医政局総務課医療国際展開推進室 室長 三宅 邦明 様
・ 16:00-16:50 講演  聖路加国際病院医事課国際係予防医療推進室 マネージャー 原茂 順一 様
・ 17:00-17:50 講演  東京都医師会副会長 近藤 太郎 様(調整中)
・ 17:50-18:00 閉会のご挨拶  多摩大学 真野俊樹

※都合により一部内容について変更となる可能性がございますので何卒ご了承ください。

※セミナーの受講は医療機関、全国地方自治のご担当者様を対象としており、企業名など登録情報が十分でない場合は受講をお断りする可能性がございますのでご了承ください。

【申し込み方法】
以下情報を記載のうえ、medical-info@bricks-corp.comへメールをお送りください。
 ・団体名(フリガナ):
 ・所属部署名:
 ・役職/職種:
 ・氏名(フリガナ)
 ・所在地:
 ・電話番号:
 ・FAX番号:
 ・E-mail:

※申込み状況によっては、一団体当たりの参加人数に制限を設ける場合がございます。また定員に達し次第受付を終了させていただきます。
※上記申込書にご記入いただいた個人情報はイベント管理以外に使用はいたしません。

主催:多摩大学
協賛:株式会社ブリックス
問い合わせ先:
運営事務局:株式会社ブリックス
TEL:03-5366-6018
 

医療通訳に関する新書のお知らせ

下記の書籍が発売されました!
「実践医療通訳」

村松紀子/連 利博/阿部 裕[編著]
A5 判 236 頁 定価:本体2,200 円+税 ISBN978-4-7754-0224-5

前著「医療通訳入門」から8 年、最新の情報を盛り込んだ「実践編」が登場。医療通訳を目指す学生の方、地域で活動する医療通訳者も必携の1冊です!

【内容】
200 万人を超える中長期滞在外国人、2000 万人時代を迎える訪日外国人観光客、日本の高度医療を求めて来日する医療ツーリズム患者。医療の国際化の波の中で外国人患者が医療機関を訪れる機会は年々増加し、専門スキルを持った医療通訳者の育成が喫緊の課題となっている。長年その育成や、制度化に向けた活動をしてきた著者たちの英知
を結集した比類なき実践書!

【目次】
第1 章 総論
「医療通訳の現状 大学病院」 内田恵一
「クリニックにおける医療通訳の役割」 小林米幸
「茨城県の医療通訳への取り組み」 岩本郁子
「医療通訳のメンタルケア」 中萩エルザ
「通訳コーディネーターから見た医療通訳者に求められる資質」 岩田美加

第2 章 各論
「精神科」 阿部裕
「感染症(結核・HIV)」 吉松由貴
「小児科」 宮本泰行
「脳血管疾患」 伊藤守
「消化器疾患」 中島敏雄
「メタボリックシンドローム」 梅澤剛
「栄養指導」 加藤かな江
「医療通訳における医療ソーシャルワーカー(MSW)の役割」 木村仁美
「DV と児童虐待」 榊原佐和子
「配慮すべき医療の違い〜国境ある医療のこと〜」 小笠原理恵

コラム by 村松紀子
「素人の見立て」 「ヤマアラシのジレンマ」 「見えない傷を言葉で表現する難しさ」 「説得」 「少しだけ通訳の需要」 「母子保健なのにお父さんの通訳?」 「病院で感じること」 「栄養指導の通訳」 「通訳を疑え!」 「守秘義務のこと」

チラシは以下をクリック!
実践医療通訳新刊案内.pdf
 

医療通訳に関する新書のお知らせ

「医療通訳と保健医療福祉 -すべての人への安全と安心のために-」 (杏林書院)
編著: 李 節子 (長崎県立大学大学院教授、JAMI副会長)
定価(本体2,500+税) B5判・192頁 978-4-7644-0535-6

上記の書籍が発刊されました!

◆世界中でグローバル化が著しく進んでいます.現代の国際人流時代では,国境を超える人々の健康をどのように守るのかが,問われています。
このような背景のもと,近年「医療通訳」への関心が,これまでになく高まってきています。
しかしながら,保健医療福祉の専門家である,医師,看護師,薬剤師らであっても,「医療通訳」に関する専門的知識や経験がほとんどありません。
◆ そこで,本書では,まず,保健医療福祉の専門職者らが,「医療通訳の基本となるものを知ることができる」ことをねらいとしました。
また同時に,実際に医療通訳を実践している方,関連各部署で働く方には,医療通訳の役割とその重要性を再認識していただければと思っております.
◆ 本書は,医療通訳実践技術のテキストではありません.医療通訳の理念,必要性,取り組みに重点をおいています。
「医療通訳は,なぜ,必要なのか?」「医療通訳は,どんなことをするのか?」「いま,日本での医療通訳の取り組みはどうなっているか?」
などの疑問に答えられる内容となっています.

詳しくはコチラ。
医療通訳と保健医療福祉 チラシ.pdf